コミュニケーションを やさしく 守る ビッツ・ソリューション

RS-232C/422ラインモニタ 調歩同期式専用 HM-2F みえちゃんめちゃ

みえちゃんめちゃ ロゴイメージ HM-2F ロゴイメージ

難しい事も簡単に解決悩む前に”Miechanめちゃ”


※本製品の販売は終了致しました

販売終了に関するご案内
HM-2F

オプション HM-2F拡張システム HM-PC2FW PRO ロゴイメージ

PCから制御、PCでモニタ・ロギング・解析できます。

miechan carrotロゴイメージ

HM-PC2FW PRO画像イメージ

特徴 HM-2F

シンプル&イージーオペレーション

本当に必要な機能を凝縮し、“シンプル”に作り込みました。ビギナーの方も、安心して直ぐにお使い頂ける “イージーオペレーション”が自慢です。通信速度、パリティ、データ長等を自動で読みとる、便利なAUTO機能も搭載しております。

オールインワンの小さな専用器

PCの性能に依存するソフトウェアタイプのモニタに比べ、スピーディーな操作性と、安定した性能を誇ります。 現場でもオフィスでも“オールインワンの小さなみえちゃん”は使う場所を選びません。

業界のスタンダードモニタ

多くのお客様にご愛願頂き、ロングセラーを続けるみえちゃんシリーズの秘蔵っ子です。 幅広い分野で、“標準ツール”としてご利用頂いております。  

充実の諸機能と優れたコストパフォーマンス

データキャプチャ(モニタ&記憶)に加え、文字間時間計測機能や、ソフトウェアトリガ、エラー検出、データ/エラー検索、 データ出力等の“諸機能も充実”。また、127Kデータの大容量メモリが、キャプチャデータを記憶し、内蔵のバックアップ電池がデータを保持します。 コンパクトというだけでなく、“コストパフォーマンス”にも優れた仕様になっております。

低速から高速(50〜230,400bps)までのワイドレンジ

4,800、9,600、19,200、38,400、115,200bps等の主要回線速度41種類の設定が可能ですので、古いシステムのメンテナンスから、 最新システムの開発まで、幅広い世代のシステムに対応できます。自動車業界特有の10,400bps等にも対応しております。

RS-232C/422を直接モニタ

RS-232C/RS-422のモニタ用インタフェースを搭載しています。モニタケーブル(または端子台等)でターゲットに接続するだけで、即モニタ可能です。  

擬似データ送出機能充実

本器から“擬似データ(固定パターン5種)の送出(RS-232C)”が出来ます。 ターゲットからのレスポンス確認や、品質テスト、耐久性の評価、障害原因の絞込み等、様々な使い方が可能です。 開発時からメンテナンス時まで、幅広い分野で威力を発揮します。

文字間時間計測機能とカレンダー機能を搭載

データ間(ストップビットから次のストップビットまで)の時間を最小1ms単位で計測表示できます。 機器のレスポンスの良し悪し、システム全体のパフォーマンスの検証等に威力を発揮します。また、“カレンダー機能”も内蔵しており、モニタ開始・終了時刻も記録します。

シリアルアウトで“モニタデータ転送”

本器で取り込んだデータを、“PC等に転送”するシリアルアウト機能を搭載しました。モニタしながらの同時シリアルアウトも可能です。 更にオプションの拡張システム「HM-PC2FW PRO」を使用すれば、本格的な解析環境を構築できます。

※ オプションです。シリアルアウト(またはシリアル/USB変換)ケーブルが別途必要になります。

特徴 HM-PC2FW PRO

パソコンで使えます

PCでモニタ・ロギングや解析したいというご要望を実現しました。 本システムは、単なるソフトウェアタイプのモニタと異なり、ハードウェア(HM-2F)でキャプチャしたデータをPCに吸い上げますので、高度で安定した性能を兼ね備えます。 同着(SD、RD)データもしっかりモニタします。

HM-2Fのモニタ・解析機能をパワーアップ

本システムは、HM-2F単体での使用時に比べ、モニタスタート・ストップ、トリガ等で、より詳細なモニタ条件設定が可能です。 1000種類以上の通信速度にも対応し、モニタ回線速度の幅が広がります。また、PRO機能を使用すれば、データ翻訳による解析も可能です。  

解析効率を高める ユーザ定義翻訳(PRO)機能

お客様が解りやすい様に、ご自身で翻訳表示の定義が行えます。電文を任意のキャラクタやフレーム構成で区切ったり、データ方向を矢印で表示したり、 フレームを指定のコマンド名に置換表示する等により、通信のやり取りを直感的・ビジュアル的に把握できますので、開発効率がグーンとアップします。 従来、ダンプデータをコード(HEX、ASCII等)を変えて表示するだけだった解析環境が、PRO機能により一変します。

各時間計測機能充実

データ間時間計測に加え、データの到着時間(時分秒)も記録できます。また、指定データ間の時間計測も可能です。
・データ到着時刻・・・最小1秒単位で表示
・各データ間・・・・・・・最小1ミリ秒単位で表示
・指定データ間・・・・・最小1秒単位で表示

キャプチャしたデータをフル活用

キャプチャデータは、CSV形式で保存できますので報告書等の書類作成に大変便利です。 また、EXCEL、ACCESS、LOTUS等で自由に加工できますので、お客様のユニークな解析も可能です。更にHTMLへも簡単に変換できますので、 WEB上やE-Mail等で、他のメンバと自由に情報を共有する事ができます。

長期ロギング可能

不定期的に発生する障害の原因をつきとめるには、長期データロギングが有効です。本システムをご利用頂くにより、PCのハードディスクにデータをロギングできます。 障害発生の時刻やその前後のデータを解析する事により、障害原因の絞り込みがはかどります。ファイル(1ファイル=60Kデータ)を自動連続生成させる事で、長期大容量ロギングが可能になりました。 ロギングのファイル数を任意に設定して、PCへのハードディスクをリングバッファとしても使用できます。

画面例 HM-PC2FW PRO

ヒストリ画面
ヒストリ画面
モニタ画面
モニタ画面
翻訳画面(フレーム構成ファイル・関連付けファイル設定時)
翻訳画面

製品・オプション・価格 (お買い得セット)

品名 型番 税抜価格 備考
HM-2F拡張セット
※販売終了
HM-PCFSC
\44,800 <セット内容>
HM-PC2FW PRO、BSU-SO

製品・オプション・価格

品名 型番 税抜価格 備考
RS-232C/422ラインモニタ
※販売終了
HM-2F \130,000 内容:本体、ACアダプタ(SA-12100N)、RS-232Cブランチケーブル(RS-B1325)、取扱説明書、ユーザ登録用紙、保証書
拡張システム
※販売終了
HM-PC2FW PRO \38,000 Windows98/Me/2000/XP対応
◇HM-2Fとの接続にはオプションのシリアルアウト(またはシリアル/USB変換)ケーブルが必要です。
シリアル/USB変換ケーブル BSU-SO \25,000 <セット内容>
BSU-232/CG1、SO-Z58R9 ED
RS-232/USB変換アダプタ BSU-232/CG1 \16,800 USB1.1、USB2.0(Full-speed)準拠、USB Aプラグ(パソコン側) 【取扱説明書、CD付】
◇HM-2Fとの接続にはオプションのシリアルアウトケーブルが必要です。
シリアルアウトケーブル9ピン SO-Z58R9 ED \11,000 丸型※1、クロスケーブル、線長0.5m、Dsub9ピンメス、ミニDINコネクタ8ピン(本体側)
SO-158R9 ED \13,000 丸型※1、クロスケーブル、線長1.5m、Dsub9ピンメス、ミニDINコネクタ8ピン(本体側)
シリアルアウトケーブル25ピン SO-Z58R ED \11,000 丸型※1、クロスケーブル、線長0.5m、Dsub25ピンオス、ミニDINコネクタ8ピン(本体側)
SO-158R ED \13,000 丸型※1、クロスケーブル、線長1.5m、Dsub25ピンオス、ミニDINコネクタ8ピン(本体側)
RS-232Cブランチケーブル9ピン CHM-B232 9S \8,000 丸型※1、線長1.5m、Dsub9ピンオス・メス 各1(ターゲット側)、Dsub25ピンオス(本体側)
RS-232Cブランチケーブル25ピン RS-B1325※2 \6,000 フラット型、線長1.5m、Dsub25ピンオス・メス 各1(ターゲット側)、Dsub25ピンオス(本体側)
CRS-B1325 \8,000 丸型※1、線長1.5m、Dsub25ピンオス・メス 各1(ターゲット側)、Dsub25ピンオス(本体側)
RS-422ブランチケーブル RS-B1315P \6,000 非反転、フラット型、線長1.5m、Dsub15ピンオス・メス 各1(ターゲット側)、Dsub15ピンオス(本体側)
CRS-B1315P \8,000 非反転、ツイストペア・丸型※1、線長1.5m、Dsub15ピンオス・メス各1(ターゲット側)、Dsub15ピンオス(本体側)
RS-B1315N \6,000 反転、フラット型、線長1.5m、Dsub15ピンオス・メス 各1(ターゲット側)、Dsub15ピンオス(本体側)
CRS-B1315N \8,000 反転、ツイストペア・丸型※1、線長1.5m、Dsub15ピンオス・メス 各1(ターゲット側)、Dsub15ピンオス(本体側)
端子台セット BRS-422TBセット \12,000 端子台20極、M3.5
【HM-2F⇔端子台接続422ケーブル付】
プリンタ

※販売終了
HMP-23 \32,000 パラレルポート:セントロニクス準拠
シリアルポート:RS-232C
◇HM-2Fとの接続にはオプションのプリンタケーブルが必要です
プリンタケーブル PR-R1512C \5,500 丸型※1、線長1.5m、DINコネクタ13ピン(本体側)、セントロ36ピンコネクタ(プリンタ側)
充電池 HM DCPACK-A \10,000 ニカド電池
変換コネクタ 9F25FS \1,500 Dsub25ピンメス  Dsub9ピンメス
ケース HMCASE \8,000 サイズ:約252×314×90mm(高さ×幅×奥行)※突起部含まず、ビニール製ショルダーバッグ
ACアダプタ SA-12100N※2 \6,500 DC12V 1000mA
取扱説明書 HM-2F
取扱説明書※2
\2,500 冊子
  • ※1 丸(キャプタイヤ)型ケーブルは二重シールドされていますので、フラット型に比べて耐環境性に優れています。
    ※2 HM-2Fに標準添付品です。

仕様 HM-2F

伝送方式 RS-232C、RS-422 ※オプションが必要です。
プロトコル ASYNC
適用回線 全二重、半二重
同期方式 調歩同期式・・・ASYNC
信号方式 NRZ
記憶クロック 内部
回線速度(bps) 50、75、100、110、134.5、150、200、300、600、1200、1800、2000、2400、3200、 3600、4800、7200、8000、9600、10400、12000、12800、14400、16000、16800、19200、24000、26400、28800、 32000、33600、38400、48000、56000、57600、64000、72000、76800、115200、153600、230400
(注:230400bpsでは、トリガ又はエラーストップ機能使用時、全二重モニタ不可)
連続データモニタ時の
最大回線速度
【条件】データビット長:8、パリティ:無し、ストップビット:1、トリガストップ・エラーストップ・文字間時間計測:OFF
【最大回線速度】DUAL選択時・・・230400bps(MAX)/SDまたはRD選択時・・・230400bps(MAX)
メモリ容量 127K(130048)データ(SDライン、RDラインの合計)
キャラクタ長 7、8ビット
パリティ EVEN、ODD、NON
表示コード HEX、ASCII、JIS7、JIS8、EBCDIC
液晶表示器 120(横)×64(縦)ドット  20文字(横)×8列(縦)
プリント出力 セントロニクス準拠
弊社オプションプリンタ「HMP-23」以外では正常に印刷されない場合があります。
外部入出力 シリアル・・・RS-232C(1チャンネル) 専用ケーブル使用時
時間計測精度 本器の時間計測(カレンダークロック、文字間時間計測など)はあくまで目安となっておりますので、精度の高い時間計測をお求めの場合は、専用の機器をご使用下さい。
メモリ保持時間 フル充電・電源OFF後 約24時間
充電池 HM DCPACK-A(ニカド電池) ※オプションです。
電源 ACアダプタ(SA-12100N)、DC12V、1000mA
充電池(HM DCPACK-A)・・・連続6時間使用可能  ※オプションです。
外形寸法 約37×192×102mm(高さ×幅×奥行)、突起部含まず
重量 約470g
◆オンラインモニタ (リアルタイムでメモリに記憶すると共に、液晶表示器上にも表示します。)
モニタ設定 伝送方式、キャラクタ長、パリティ、回線速度を設定
表示方法 両方向表示(リアルタイム)
SD、RDの両データ信号を指定のコードでキャラクタ表示
片方向表示(リアルタイム)
SDまたはRDのデータ信号を指定のコードでキャラクタ表示
通信ステータスLED SD、RD、RS、CS、ER、DR、CD/CI
◆トリガ (指定した文字列の検出をトリガとして、モニタ動作を停止します。)
トリガデータライン列 5データ以内
トリガライン SDラインのみ、RDラインのみ、DUALライン
データコード HEX、ASCII、JIS7、JIS8、EBCDIC
レングスアフタ数 0〜129900データ
イベント回数 1〜99回
◆エラーストップ (エラーが生じた場合、モニタ動作を停止します。)
エラーの種類 パリティ、オーバーラン、フレーミング
◆データディスプレイ (データメモリに記憶されているデータを液晶表示器上に表示します。)
データサーチ サーチデータ 5データ以内
サーチライン 送信側及び受信側(表示ラインに従う)
データコード HEX、ASCII、JIS7、JIS8、EBCDIC
サーチ方向 データ先頭方向、データ末尾方向
通信エラーデータサーチ モニタしたデータの中からエラー発生箇所を検索して液晶表示器上に表示
スクロールアップ・ダウン 現在表示されているデータの前後のデータ、データの先頭、データの末尾を液晶表示器上に表示
マーキング マークポイントは、BEGIN、ENDの2箇所   
この印をつけたデータ列のみをプリントアウト、またはシリアルアウト可能
◆文字間時間計測(受信データの1キャラクタ受信後から次の1キャラクタ受信終了までの時間を表示します。)
最小表示単位 1ms
◆プリントアウト(モニタしたデータをプリント出力します。モニタ中の同時プリントアウトも可能です。※1
OUTPORT プリンタポート
◆シリアルアウト (モニタデータをシリアル出力します。モニタ中の同時シリアルアウトも可能です。※1
OUTPORT シリアルポート
キャラクタ長 7、8ビット
パリティ EVEN、ODD、NON
ストップビット 1、2
回線速度(bps) 50、75、100、110、134.5、150、200、300、600、1200、1800、2000、2400、3200、 3600、4800、7200、8000、9600、10400、12000、12800、14400、16000、16800、19200、24000、26400、28800、 32000、33600、38400、48000、56000、57600、64000、72000、76800、115200、153600、230400
◆シミュレーション (疑似データをRS-232Cで出力します。)
OUTPORT シリアルポート
キャラクタ長 7、8ビット
パリティ EVEN、ODD、NON
ストップビット 1、2
回線速度(bps) 50、75、100、110、134.5、150、200、300、600、1200、1800、2000、2400、3200、 3600、4800、7200、8000、9600、10400、12000、12800、14400、16000、16800、19200、24000、26400、28800、 32000、33600、38400、48000、56000、57600、64000、72000、76800、115200、153600、230400
フロー制御 ソフトウェアフロー制御(XON/XOFF)
フォーマット BINARY1 HEXコードで00H〜FFH(データ長7ビットの場合7FH)までの256データを送出
BINARY2 HEXコードで00H〜FFH(データ長7ビットの場合7FH)までの256データを連続送出
ASCII1 ASCIIコードで“ ”(20H:スペース)から“〜”(7EH:チルダ)までの95データを送出
ASCII2 ASCIIコードで“ ”(20H:スペース)から“〜”(7EH:チルダ)までの95データを連続送出
COUNTER 10進10桁のカウンタ(0000000000〜9999999999)をASCIIコードで出力
  • ※1 モニタ回線速度が速い場合には、受け取り側の処理が間に合わず、出力が中断される場合があります。

仕様 HM-PC2FW PRO

◆受信条件 (ラインモニタ”HM-2F”とHM-PC2FW PROを使用時)
伝送方式 RS-232C、RS-422 ※オプションが必要です。
プロトコル ASYNC
適用回線 全二重、半二重
同期方式 調歩式・・・ASYNC
信号方式 NRZ
記憶クロック HM-2F内部(HM_PC接続設定時にパソコン本体時計と整合)
回線速度 10〜230400bps 1,047種類対応
連続データモニタ時の
最大回線速度
【条件】
データビット長:8、パリティ:無し、ストップビット:1、メモリモードFIXまたはRING(STOP)、トリガストップ・エラーストップ・文字間時間計測:OFF
【最大回線速度】
DUAL選択時・・・230400bps(MAX) / SD又はRD選択時・・・230400bps(MAX)
ファイリング方式 データファイル(60Kデータ)を自動で連続生成
設定可能最大ファイル数(入力最大値:2の30乗=1,073,741,824)
・キャプチャデータファイル数が設定データファイル数を超える場合、最初に生成されたデータファイルから順にデータを上書きします。設定された最大ファイル数に至る前に、ハードディスクの空き容量が不足した場合、 ハードディスクへの書き込みは中断します。
ファイリング形式 hm2(ビッツオリジナルフォーマット)
メモリモード
・メモリモードに関わらず、手動でモニタストップできます。また、その他の条件によってもモニタストップできます。
HM-2F本体 HM-PC2FW PRO/解析用PC
FIX メモリ(約560Kバイト)を“使い切り”状態で使用
メモリがフルになった時点でモニタストップ
本体メモリのデータを吸い上げてモニタストップ※1
RING(STOP) メモリ(約560Kバイト)を“繰り返し”状態で使用
データ保存限界点※2でモニタストップ
データ保存限界点※2、又はハードディスク等使用限界点でモニタストップ※1
RING
(RESTART)※3
メモリ(約560Kバイト)を”繰り返し”状態で使用
データ保存限界点※2で本体メモリデータを一旦クリアしモニタ継続
ハードディスク等使用限界点でモニタストップ※1
モニタライン DUAL、SD、RD
キャラクタ長 7、8ビット
表示文字コード HEX、ASCII、JIS7、JIS8、EBCDIC
パリティ EVEN、ODD、NON
文字間時間計測表示 最小1ミリ秒単位で表示
ステータスLED CD/CI選択(HM-2F本体上)
エラー表示 パリティ、オーバーラン、フレーミング
  • ※1 ご使用中のパソコン、OS、ドライバ等の性能・使用状況によりデータを欠損する場合があります。但し、欠損発生情報はログファイルに記録されます。
    ※2 データ保存限界点は、HM-2F本体がモニタデータを欠損なく出力出来る限界点を記します。それは、モニタ設定条件、通信状況、パソコン性能等諸条件により異なります。諸条件によってはデータを欠損する恐れがあります。
    ※3 データ保存限界点に達した時点で、HM-2Fメモリ内のモニタデータがクリアされますので、その部分のデータは欠損します。但し、欠損発生情報はログファイルに記録されます。
◆モニタ (HM-2Fとパソコン接続設定、及びモニタ機能)
ファイリング保存形式 hm2(ビッツオリジナルフォーマット)
HM_PC接続 シリアル接続※4 通信ポート、回線速度(bps設定)、モニタデータ保存先設定、最大ファイル数設定
モニタ設定 伝送方式、ステータスLED、メモリモード、モニタライン、モニタ条件、文字間時間表示、エラーストップ、トリガストップ、トリガスタート、範囲時刻指定
トリガ条件 スタートトリガ 文字列長(12文字以内、ワイルドカード可)、イベント回数(1〜99)
ストップトリガ 文字列長(5文字以内、ワイルドカード可)、イベント回数(1〜99)
範囲指定時刻 モニタ開始・終了時刻設定(最小1秒単位)
表示形式 データ表示、データ表示+詳細情報(総データ数、SD側データ数、RD側データ数、受信日時、受信チャンネル、同着有無、トリガ文字、パリティエラー、オーバーランエラー、フレーミングエラー、文字間時間)
表示色 データ表示色変更可
  • ※4 シリアル接続は、シリアル/USB変換でもご使用頂けます。
◆ヒストリ (取り込み後のデータ閲覧・解析機能)
ファイル読込形式 hm2(ビッツオリジナルフォーマット)
ファイル保存形式 hm2(ビッツオリジナルフォーマット)、CSV形式、HTML形式
ファイル保存範囲 全データ、範囲指定データ(マーク設定:BEGIN〜END間)
印刷範囲 全データ、範囲指定データ、文字間時間有無の印刷設定(モニタ設定で文字間時間有効時のみ選択可)
ヒストリ画面表示 桁番号、行番号、表示ライン、モニタデータ(HEX)、モニタデータ(表示コード)、スクロールバー、 モニタデータ情報(計測時刻/文字間時間/カーソル間時間/表示コード/表示ライン/SDカウント/RDカウント/トータルカウント)
ヒストリ情報 モニタ時の設定条件、トリガストップ条件、トリガスタート条件
マーク設定 2ケ所
ジャンプ 先頭、末尾、マーク位置、トリガデータ、行番号指定
範囲指定時刻 モニタ開始時刻、終了時刻表示、範囲指定時刻でのモニタデータ再抽出
データ検索 検索文字列長20文字(ワイルドカード可)、検索ライン、検索方向
エラー検索 各エラー検索、検索ライン、検索方向
◆翻訳 (hm2ファイルを定義したフレーム構成や関連付けに翻訳する機能)
ファイル読込形式 hmp(ビッツオリジナルフォーマット)
ファイル保存形式 hmp(ビッツオリジナルフォーマット)、CSV形式
ファイル保存範囲 全データ、範囲指定データ(マーク設定:BEGIN〜END間)
印刷範囲 全データ、範囲指定データ、フィルタデータ
フレーム構成ファイル(プロトコルのフレーム情報を定義) ファイル形式 hmf(ビッツオリジナルフォーマット)
設定内容 フレーム構成名、項目名称、タイプ:各項目種別(コード、レングス、データ)選択、項目サイズ:数値入力(0〜999)/単位(byte、bit、可変・・・0設定時)
◇PPP(ポイント・ツー・ポイント)プロトコルは標準で設定がされています。尚、お客様でのPPPプロトコルの設定変更は出来ません。
関連付けファイル(個々のフレームに別の名称を関連付) ファイル形式 hml(ビッツオリジナルフォーマット)
設定内容 関連付け項目、方向(なし/→/←)選択、矢印色選択可能、対象コード(コード入力)
翻訳画面表示 シーケンスウインドウ、フレーム構成ファイル名・関連付けファイル名、フレームステータスバー
ヒストリ情報 モニタ時の設定条件、トリガストップ条件、トリガスタート条件
詳細表示 項目別表示、ダンプ表示、フレームステータスバー
フレームデータ表示コード HEX、ASCII
フィルタ設定 関連付け項目、フレームデータ、範囲指定時刻、方向
マーク設定 7ケ所
ジャンプ 先頭、末尾、マーク位置
文字列検索 文字列、検索方向
データ検索 検索文字列長10文字、検索方向
エラー検索 各エラー検索、検索方向

動作環境(必要システム) HM-PC2FW PRO

ハードウェア HM-2F HM-2F(別売)をご用意下さい。
シリアルアウトケーブルまたはシリアル/USB変換ケーブル※1 HM-2Fとパソコンを接続する専用シリアルアウトケーブル(別売)またはシリアル/USB変換ケーブル(別売)をご用意下さい。
パソコン
PC/AT互換(DOS/V)機
日本語版Windows98/Me/2000/XPが動作する環境。(シリアル/USB変換をご使用頂く場合は、USB1.1以上が正しく動作する環境)
ソフトウェア環境 Microsoft日本語版Windows98/Me/2000/XP(お客様にてご用意願います。)
推奨動作環境 メモリ:128MB以上※2    CPU:PentiumV600MHz以上※2    グラフィック:800×600(SVGA)以上
シリアルアウトケーブルを使用するには、接続するPCに正常に動作し且つ使用可能なシリアルポートが必要です。シリアル/USB変換ケーブルを使用するには、接続するPCに正常に動作し且つ使用可能なUSBポートが必要です。
  • ※1 シリアル/USB変換ケーブル付属、ドライバのインストールが必要です。また、接続するUSBポートはHUBなどを使用せずに、直接PC本体のUSBポートをご利用ください。
    ※2 一台のパソコン上で一単位のプログラムを動作させる場合のものです。

制限事項・注意事項

・HM-PC2FW PROの諸機能は、諸条件(パソコン、OS、ドライバ等の性能・使用状況やモニタ設定条件、通信状況等)により正常に動作しない場合がございます。
・HM-PC2FW PROのモニタ(及びデータ保存)性能は、諸条件(パソコン、OS、ドライバ等の性能・使用状況や、モニタ設定条件、通信状況等)により異なります。
!他のアプリケーションが動作中の場合には、本プログラムが正常に動作しない場合があります。
!パソコンの一部機種又はその設定によっては、本プログラムが正常に動作しない場合があります。
!通信回線速度が高速の場合、通信ケーブルが長い程通信エラーが発生し易くなります。
!Windows98/Me/2000/XPに対するMicrosoft社のサポートが終了されたことにより、本製品に関するアップグレードプログラムのご提供を含むサポート等の対応が出来ない場合がございますのでご了承下さい。